2011年5月5日木曜日

筑波2000練習(CBR600RR)

またまた筑波にやってきました。
GW3走行目です。初回の筑波(4/29)は絶好の好天に恵まれました。しかしながら2回目の梨塾では雨こそ免れたものの強風に悩まされました。さて今回は?天気予報は微妙でした。曇り予報ではあるものの、所によってにわか雨のリスク(40%)がありました。あと、日が射さないので気温も少々低め。(予報最高気温14℃だったと思う。)
当日、筑波に向かう道中、谷和原インターを下りてしばらくして後、小雨がパラパラ降ってきました。ふと見ると道路はフルウェット!もう、走るのは諦めて引き返そうか?と後ろ向きな気分になりつつ筑波に到着してみると路面は一応ドライでした(時折小雨がパラつく状況でしたが、、、)。どうやら走る事は出来そうです。
筑波には多くの知り合いが居ました。8時過ぎに到着したのですが当然のごとくピットは満室。しかたなく1ヘアスタンド下に車を停めました。

今日の目的は「新品タイヤを履いてのB3枠タイムアタック」がメインとなります。走行予約枠が少々変則で、A2(直前予約)A3(翌月予約)B3(直前予約)の3枠を持っていました。A3・B3が連続走行になっています(泣)。直前予約の前にA3をキャンセルしてしまえば良かったのですが、予約の失敗を嫌ってA3をキャンセル出来ませんでした。なので、A2で調子が良かったらA3券は誰かに売ってしまおうと考えました。まぁ、要するに、翌月予約は(私の場合)全く役に立たないという事です!

筑波に到着後、走行一本目開始前にリヤタイヤのスプロケをトミンレシオ(41T)から筑波レシオ(45T)に交換しました。現時点ではタイヤを新品にはしません。(本日、ホイール交換一回目)

一本目-A2 10:00~

一本目の目的はライダー準備運動と新ブーツの慣熟です。以前から履いていたブーツはガエルネのGR-S(2足目!)なのですが、ソールがボロボロになってきていて(ハルクのステップは凶器のようにトゲトゲ!)老い先短い状態でした。そこで入手したのがガエルネからリリースされた新モデルGP-1。青白のカラーコーデに一目惚れして購入してしまったのでした。
新ブーツ(左)と旧ブーツ(右)。ガエルネは日本向けには木型を変えて作っているのでフィット感が抜群なのと、足首がソフトで操作性に優れているのが気に入っていたのですが、、、。

そんなこんなでコースイン。B3アタックのためにはA2の時間内に先日のコンディション近くにまでもって行く必要があります。


しか~し!


シフトアップが絶不調!!


年末年始のシフトトラブル(3→4に上がらない)の再来です(泣)。
えーーっ!?)と困惑しましたが、どう贔屓目に見てもブーツが原因くさいです。幸いにしてトランポの中にはGR-Sも積んであります。なので2周?位走って、大急ぎでトランポまで戻りました。
走行時間中にせっせとブーツを履きかえる私。(撮影:さむ。さん)

ブーツを履き替えて再出発。幸い、シフトはスコスコ入るようになりました!これでテンションが一気に最高潮まで高まり、ペースアップを開始したのでした。先回に引き続き、バイクが起きているときのスロットルの開け切りに重点を置いてラップを重ねます。

しか~し!

コースはとっても混雑してました、、、。部分部分での練習は出来たものの、クリアラップは皆無です。終盤、体は十分暖まったのに(ブーツ交換で余計な時間を食ったせいか)ピットスルーするだけの時間は残っていないような状態。幸いにして後方に余裕があることに気づいたので、ペースを落として前方のスペースを十分に確保して、一発勝負のタイムアタックに挑戦しました。
で、出たタイムが6秒49。いきなりベスト更新(-0.13)。好調は維持できているみたいです。タイヤは厳しかったです。ベストラップの周、2ヘアの立ち上がりではリアがズルズルいってました。
1ヘア進入中の私。(撮影:さむ。さん)侵入スピードが徐々に上がってきている?せいか、先日からリアが軽くスネーキングするような挙動が時々出ます。対策が必要?
走行一本目でいきなりベスト更新できた喜びを右手で表現している私。(撮影:さむ。さん)

どうやらA3枠は不要みたいです。幸いにも、さむ。さんが券を買ってくれました。
B2枠を写真を撮って過ごした後、タイヤ交換を開始しました。(本日ホイール交換2回目、、、。)スペアホイールに新品のディアブロスーパーコルサ(前SC1・後SC2)を準備しておいたのです。こういう時にスペアホイールって便利!!
走行準備を終えて、結構ヘトヘトになっていました、、、。これで大丈夫なのか?(ちなみに、A2走行を終えてから、慣らしが必要だ!との判断からGP-1のブーツをずーっと履いていました。)

二本目-B3 13:00~

A3枠を走る さむ。さんの写真を撮りつつ、気持ちを落ち着けてB3走行に備えます。B枠って以前に何回も走った事はあるのですが、ここ最近はずっとAオンリーだったので少々緊張。それに、A2のタイムが良かっただけに、+フレッシュタイヤを装着しているだけに、「良いタイムが出ない訳は無いだろう?」というプレッシャー!に少々やられ気味でもありました。

で、集中力を高めてコースイン(ブーツは以前のGR-Sに履き替え!)。A2の走行はバイクが起きている時のみの開けっぷりを意識して走りましたが、B3の走行では、それまでタイヤの消耗に気を使って効かせていた気持ちのリミッターを全解除することにしました。立ち上がりからガンガン開けて行く事にします。
出だしの数周は流れのペースの違い(A→B)に少々戸惑いました。が、その後はどんどんペースを上げていけました。しかしながら、出ているタイムは6秒7~8とか、ヘタっているタイヤでも出せるタイム。(これではNewタイヤの意味が無い!)と不満に思った私は更に開け開けでペースアップを試みました。バイクが寝てようがお構い無し!カパカパとスロットルを開けて立ち上がりからの加速(実に快感!)を続けました。そうしたら出たタイムが6秒34。早速ベスト更新です。この周は2ヘアで刺されてモタついていたにもかかわらずこのタイム。(これは、行ける!)と手ごたえを感じた私は次の周も無我夢中で走りました。そうしたら出たタイムが、、、

まさかの5秒台。それもいきなり中盤!こどもの日(日)だけに、とは、こりゃメデタイ!


ラップタイムは6秒を切って、いきなり5秒中盤が出ました。軽くパニックになっていたので一旦ピットスルー。時間は未だ10分以上残っています。折角の練習の機会なので気持ちを落ち着けて走行を継続することにしました。で、改めて色々確認しながら走るのですが、まず、インフィールドのスピードの乗りが一皮向けたみたいで、景色が何時もより速く流れます(早回しビデオみたい。)。手に余るほどのヤバイ状況ではないのですが、頭が情報処理にギリギリ追いついているような状況。あと、立ち上がり加速Upの波及効果でブレーキングがシビアになったみたいで、シフトダウンのクラッチミートが少しでも雑だとリアタイヤがポンポン暴れます。これはアイドリングを下げた事の影響も少しあるかもしれません。(筑波仕様とトミン仕様で別にしないといけない?)ペースが上がった分、サスセットとかを改めて考え直す必要があるのかもしれません。今のところスリッパークラッチを入れるつもりはありません。
5秒5のラップの後、快心のフルラップは残念ながら無かったのですが、部分部分では巧く走る事が出来、1、2セクターのベストタイムを更に更新できました。5秒台後半でのラップは2周ありました。残り時間5分弱、脳みそがパンク寸前だったので走行終了にしました。実に充実したB枠走行でした。

ホームストレート加速中の私。(撮影:さむ。さん)これ以上伏せるためにはお腹のお肉(以下省略)
最終コーナー立ち上がり中の私。(撮影:さむ。さん)リアタイヤの潰れ方が良い感じ。やっぱタイヤはピレリが良い。
5秒台に突入した喜びを右手で(以下省略)。(撮影:さむ。さん)
いきなり1秒もベスト更新しました。思えば、昔から私は筑波のラップタイムは何故か急に伸びます。


家に帰ってデータを整理してみると、、、
ベスト区間タイムはSec.1 25.18(-0.37) Sec.2 28.57(-0.17) Sec.3 11.73(+0.04とSec.3以外は軒並み更新してました。タラレバベストは5秒48。GPSデータを見てみると、最高速は206km/hでした。以前の最高速が確か202km/hくらい?だと思ったので最高速更新は出来てますが、正直もう少し出ていると思ってました、、、。

で、何故いきなり1秒も記録を更新できたのか?まぁフレッシュタイヤボーナスが最も大きいですが、トミン練習の賜物だというのが自分の認識です。トミンは低速で回りこむコーナーが多いので、ブレーキング・向き替え・立ち上がりの基礎プロセスを反復練習するのに適しているように思います(シフトダウンが少ないのも練習には良いのかも知れない。)。私はここ最近それらを速度のメリハリをキッチリつけてこなす練習を続けました。筑波の1コーナー、1ヘア、2ヘアは全く同じ考えでこなすことが出来ます。本来ならば最終コーナーも同じ考えで行ける筈なのですが、今の私の最終侵入だと向き替えポイントに到達する前に速度が落ちきってしまうのでメリハリが付きません。なので今日は目先のタイム優先で速度が落ちきった時からスロットルをジワリと開けて、本来の向き替えポイントを待って更に開けるという(どちらかというと昔の走り方に近い)方法で走っていました(GPSログを見るとバレバレ。)。多分、この走り方だと伸びしろが少ない(実際、Sec.3は区間ベストを出せなかった)ので根本的に直す必要があります。
あと、トミン練習でどうにもならないのがS字ダンロップ~MC。事実、ライン取りとかスピードのメリハリのつけ方がイマイチ判っていません、、、。ここら辺をどうにかすれば4秒台以内も見えてくるかな?というのが現在の見通し。
まぁ、焦らず頑張ります!


走行終了後、みっち~さん、Akashitimiさん、JUN-1さんとモナークへ。ローズポークとんかつを頼みました。デカイ!(大きさの基準のためにJUN-1さんのタバコの箱を借りてみました。)
ローズポークとんかつの断面図。とっても美味しかったです!ちなみに食事中もGP-1のブーツを慣らしで履いていました。

写真はコチラ↓
筑波サーキット 2011年5月5日
ディアブロスーパーコルサ積算走行時間:0時間20分。(5時間50分走った放置長タイヤは再び保管。多分お蔵入り。) 

3 件のコメント:

新沼健二 さんのコメント...

おめでとうございます!!
一気に来ましたね!

さあ!ymaさんとどちらが先に3秒台に突入するか!楽しみです

yma さんのコメント...

ベスト更新おめでとうございます。

いきなり1秒以上の更新って羨ましいなぁ~最近、そんなにタイム伸びたことないです。

やっぱり理由は、トミン走行が効いているんでしょうか!?

そういえば、トミンのライセンスって更新しないといけないですよね。
今年は、まだ行ってません。

しにちなかお さんのコメント...

新沼健二さん、
ありがとうございます。
3秒!良いですね~。
TT卒業目指して頑張ります。(6月は見送る予定ですが、、、。)

yma さん、
トミン練習はためになると思います。書き足した本文に理由を書きました。あと、走行枠がルーズで半日・一日走りまくれるのも魅力です。