2010年7月18日日曜日

マシ耐IIに参加してきた。

梨本塾(マシ耐II)にいってきました。
~前日編~
CBRのメンテが滞りがちだったので、まとめて実施。内容は、、、
・冷却水抜き~水洗~冷却水(ヒートブロック)充填。
・Fブレーキピストン清掃、揉み出し、グリスアップ。
・ラジエターガードの金網取り外し。
・チェーン清掃、給脂。
・カウル、ホイールを磨く。
といった所。暑かったので大変だったのですが、汗かきついでに、メンテ終了後、軽くジョギングもしてきました。あとは炭水化物主体の夕食をとって、サッサと寝ました。

~当日編~
朝起きて、ふともも周りに軽い筋肉痛が、、、。ココ最近ジョギングはサボっていたのに、いきなりレース前日に走ってしまったのは失敗だったかもしれません??
去年の自分のBLOGを見て、連休の渋滞でトミン到着に手間取ったことを思い出したので、朝はいつもより早めに出発。8時過ぎにはトミンに到着できて、余裕を持って準備できました。
走行準備完了。朝一だけウォーマーを巻きました。

今日の目的は午前中のうちに27秒台にまで何とか入れること。午後には耐久レースもありますが、必勝には程遠く、マシンの耐熱性の問題もあるので、正直出たとこ勝負しか出来ません。なので先ずは午前の走行に全力投球することにしました。
一本目走行前から既に32℃まで行っているナイスな状況!

■フリー走行1本目
いきなり朝一からタイムアタックという訳にもいかないので、まずは身体慣らしからスタート。メンテナンスしたブレーキの感触を確認しつつラップを重ねます。しかし、朝一なのにとにかく暑い、、、。集中力を維持できません。ぶっ通しで走れるわけでもないので、ピットインを繰り返しつつ走るわけですが、手のひらが痛くなっていたりして(これって典型的な慣熟不足の症状)、感触は散々。塾長からも、未だコーナーで頑張りすぎていると指摘を受け、ココ最近の工夫が巧く機能していない感じ。なので良い感触を取り戻すべく、バイクの声を聞くことに集中。結局タイムは伸び悩み、それなりに頑張っているつもりなのに28.88がベストでした。暑さによる予想外の走りにくさで27秒達成が相当厳しいのでは??と思えて不安になりました。

■フリー走行2本目
一本走ったお陰で身体はほぐれて来たみたいなのですが、当然暑さは相変わらずで、ハイペースを維持できない状況。タイムも28.8~9止まり。何となく準備は整ってきた気がしているのにタイムアタック開始に踏み切れません。なので、連続してハイペースが維持できないのならば、一周だけ頑張ってみたら?と試してみたら28.5が出ました。いい感じ。なので連続周回でタイムを削っていくやり方は諦めて、一発勝負に賭けてみる事にしました。29秒くらいで緩々と周回しつつ各セクションの方針を模索します。帝王の立ち上がりは向き変えポイントを奥に持っていくことによっていつもよりも気持ちよく加速できている感じ。左はいい方法が見つかりませんでした。最終は進入までは問題ないものの向き変え後の加速がイマイチな感じ、、、。
そんな感じで各セクションの方針を決めて、イザ、一周こっきりのタイムアタックを開始。先回失敗した時のように気合が空回りしないようライン取りには十分注意をして、気合一発、全力投球で一周走り抜けました。すると、、、

00’27”98


「あっ、出た!!」

ベスト更新!とうとう27秒台入りを達成しました!(最高速更新(112km/h)のおまけつき。)


暑さで一時は諦めかけていたのですが、めでたく、27秒台達成したのでした。
ああ良かった!頑張れば何とかなるもんだ!楽しかったよマシ耐!ありがとう!!
おしまい。
じゃんけんの激闘を勝ち抜いて、5名限定のキャンギャル記念撮影権を手に入れました。(今になって思えば、ここら辺がピーク。)(撮影:ヤマさん、ありがとうございます。)















忘れていました。午後からは耐久レースがあるのです!!
ある程度予想はしていたのですが、27秒入りの代償として午前中のフリー走行で疲れ果ててしまいました。暑くて、疲れて、食欲がなくて、弁当も半分くらいしか食べられませんでした。どうする??
日陰のトランポ内で気温は38℃まで行ってマス、、、。
パドック屋根の下は日陰になっていて、時折風が吹くこともあって、マシだったのですが、コースは灼熱地獄です、、、。

■予選
予選のタイムアタックが始まります。ツナギを着て、ブーツを履こうとした時に右足の指が軽く攣りかけました。ヤバイ。水分を補給してコースインします。
今の状態で再度27秒を拝む事はきわめて困難な事は判っていました。なのでAクラスに残れるくらいのタイム(28秒中盤を予想)をサッサと出してスタミナ温存のために早々に切り上げる作戦を立てました。
しかし、全然タイムが出ません、、、。(ただでさえ暑い日なのに午後イチで路面温度がMAXになっていてタイムが伸び悩んだヒトが多数居た模様、、、。)サッサと予選を終わらせたいのに29秒が中々切れません。頑張ったら28.9は出ました。(でも、このタイムで予選を終えたら非難轟々だろうな~)と思い、もう一周だけ本気で頑張ったら28.7が出たので、一抹の不安を覚えつつも3周を残してタイムアタックを終了しました。もう、ヘトヘト、、、。

予選の集計結果を見て愕然としました。
タッチの差でBクラスのポールポジションになってしまいました、、、。

ビリでもいいからAクラスで楽しく完走できたらそれで十分だ!と思っていたのに割と最悪な状況。
Bでも勝てる自信が全く無かったので(完走すら怪しい)、賞金によだれが出る事も有りませんでした。

やれやれと思いつつ、決勝に向けて準備します。
当初非常に気にしていた水温問題はここまでは何とかなっている状況。前日のメンテの成果か走行中に110℃以上に上がる事は有りませんでした。しかし決勝の長丁場では何が起こるかわからないのでフロントフェンダーを外しました。計画では決勝はロアカウルも外すつもりだったのですが、そこまでしなくても良さそうです。
フロントフェンダーレス耐久仕様(のつもり)

■Bクラス決勝、35Laps
とうとうマシ耐決勝が始まります。
「あれ?何でココに居るんですか?」という暖かい声援を多数受けコースイン。ちゃっちゃとウォームアップを済ませてグリッドに付きます。Aクラスはスタートフラッグが早かったので、似たタイミングのスタートを意識していたのですが、Bでは意外に溜めがあって、失敗!とまでは行かなくとも少々ツボを外した感触でスタート。そうしたら2番グリッドFat_isaoさんの前には出る事が出来ましたが、3番グリッドのMさんには先に行かれてインを抑えられてしまいホールショットを取ることには失敗しました。2ラップ目、僕を振り切ることを意識しすぎたのか、前を行くMさんは1コーナーがはらみ気味。すかさずインを狙いましたが、抜き去るには不十分でアウトから被されてしまいました。

さて、どうする??

頑張ればMさんは抜けるかもしれません。ただ、長丁場のペース配分に不安が残ります。そこで、無理な仕掛けをする事は避けてペースを乱す事無く後を淡々と付いていく作戦を取りました。しかしながら不幸にして均衡は崩れて段々離されて行きます。頑張って追いかけるか、現状維持で行くか悩みましたが、(35周という設定は絶妙にイヤラシイ!)正直なところペースアップは体力的に厳しい状況でした。そうしたらトップが逃げていくのを気にしたのか、3位のひらっちさんに左で抜かれました。結局その後、レース中盤~終盤にかけて、Fat_isaoさん、Y川さんにも抜かれて、、、ラストの5周くらいは腰も痛くなり始めて本当に無理が利かない状況で、何度も後を見てこれ以上順位が落ちないことを確認しつつ、結局トップに立ったひらっちさんにラスト2周でラップされて、計34周でゴールとなりました、、、。
完敗!!

午前中の喜びと午後の悔しさがバランスしてしまって、何と言うか神妙な気分でした。にしても、疲れた、、、。
終了後、みっち~さん、それに午後からトミンに来ていた おんど さん、BroccobirdさんとCoco'sで休憩。あいかわらず食欲がなかったのでアッサリ目で。

写真は↓コチラ。
梨本塾 2010年7月 マシ耐II
○ディアブロスーパーコルサ積算走行時間:5時間0分

4 件のコメント:

みっち~ さんのコメント...

お疲れ様でした。

Bクラス優勝残念でしたね。

まあーついに元会長も27秒台なので、いい感じでトミンに一区切りつきましたねー。

ここからはお互い筑波TT目指して頑張りましょ!

Broccobird さんのコメント...

お疲れでした。あの暑さですから、無事走り切れただけで充分かと。
筑波TTなど、目標になるレースがあるのはいいですねえ。自分は最近目標を見失い気味です(苦笑)。

しにちなかお さんのコメント...

みっち~ さん、

とりあえず27に突っ込めてホッとしてます。
未練を残して筑波合宿に望みたくないですからね~。

あと、B優勝は論外だったので、まぁ、仕方がない。午前の成果で満足です。

しにちなかお さんのコメント...

Broccobird さん、

暑い中トミン訪問お疲れ様です。
結果は散々でしたが、リタイアせずに走りきれたので良しとします。

筑波TTは良い目標なのですが、タイムが思うに任せないので、挑戦し続けられるかどうか少々不安です。