2009年6月12日金曜日

筑波2000練習(CBR600RR) その2

TT強化月間パート2、ということで今日も筑波で練習です。

<その一、6月12日(金)>

翌月予約したA3枠に加えて、A2、B3枠を筑波走行間に当月予約しました。予約の埋まり具合が遅かったので予想はしていたのですが、パドックはガラガラ。8時チョイ前に到着したにもかかわらずピットの空き!すらありました。(でも、僕はお気に入りの食堂そばの青空ピットを使用。)知り合いの人も沢山居ました。JUN1さんが一年ぶりの筑波です。
◇一本目:A2(9:00~9:30)
 昨日の7秒がマグレで無いか不安に思いながらもコースイン。パドックのすき具合と同じで、コースも激混みではありません。前に詰まって詰まってダメということはありませんでした。出だし、1コーナーの突っ込みでブレーキを掛けすぎてしまって大苦戦しました。折りしも1コーナーの練習を重点的にやろうと思っていた時に、かえって前より遅くなってしまったような感じ。最終侵入からの流れで1コーナーブレーキングの強弱が変わるので非常に難しいです。苦戦しながらもなんとか以前並み?のペースに戻す事はできました。(自己ベストから進歩はしてません、、、。)
 微妙に詰まる前に少々苦労しながらも、終盤頑張った周で出たタイムが7秒65。再び7秒台に突入です。ふぅ、一安心、、、。

◇二本目:A3(10:00~10:30)
 休みの時間が30分しかありません。疲れと暑さでグッタリしながらもウォーマーを巻き直して準備して再び走行です。
 直後にB3があるので、タイムアタックというよりかは苦手項目の練習やチェックに主眼をおいて走りました。B3枠をフルで走りたかったので、早々に切り上げ給油等の準備をしておくつもりだったのに、途中赤旗で時間がシフトし、「もう一周、もう一周走らせて!!」と周回を重ねるうちにチェッカーが出てしまいました、、、。

◇三本目:B3(10:30~11:00)
 事前に準備しとくはずが失敗してしまいました、、、。A3終了後、給油を済ませ、水分補給をして、椅子に腰掛け深呼吸をして、、、再び走行開始です。(何分くらい遅刻したのだろう??)B枠2回目でそれなりに緊張はしていたのですが、まぁ、ダメだ!と思ったら早々に引き上げてこよう、、、位の気持ちでリラックスして走り始めました。
 走り始め、直前まで走っていたので当然流れは掴めています。当然の如く、申し分ないくらい流れが良いので集中して走れます。疲れは気にならなかったので最後の一本。ガンガン走る事にしました。
 ディアブロの感触に慣れてきたのか、最終侵入の次に変化を感じられたのが1ヘア~ダンロップまでの区間でした。以前は全然攻めている手ごたえが無かったのに、今日は気持ちいいくらい巧く走れました。1ヘアのカントを使って力強く旋回し、(ブレーキリリースの思い切りが重要)立ち上がりはキッチリ開けて、舗装の切れ目でハンドルがブルっとなるのを感じつつ、弱めのブレーキでダンロップに切り込む感じ。苦手意識が消えました。変わりにペースが上がったのでMC切り返しを再調整しないといけないかな?といった印象。
 で、出たタイムが1分7秒44と自己ベストの100分の5秒落ち。ベスト更新はなりませんでしたが、悪くは無いタイム。7秒台を再現できたのでとりあえずは満足です。

 明日も筑波です。3枠走って結構疲れました、、、。後片付けをして(十数時間後には又来るのに、、、)帰宅してとにかくグッスリ寝ましたzzz。

<その二、6月13日(土)>

 睡眠は十分取れたので気分は悪くなく体のダルさもありません。さぁ、今日も練習!!ということで再び筑波に出発。
 今日は週末なので流石に混んでいます。昨日はバタンキューで寝てしまったので車載動画の復習とかが全然出来てません。(これは良くない!)なので、昨日のテーマの延長で走る事にしました。

◇一本目:A2(10:00~10:30)
 苦手ポイントのチェックに重点を!と心に誓ってコースインしたのに、混雑による流れの悪さから来るタイムの不振にストレスを感じて、ついつい熱くなってしまいました、、、。熱くなったついでに余計な力も掛かってしまっていて、走行途中、手が痛くなったのに気付いて、(あぁ、やっちゃった、、、)と思った時には残り時間も僅か。結局頑張った割には8秒台しか出ていなくて、予定していた課題の消化もままなら無い状態。あ~~。

◇二本目:A3(11:30~12:00)
 どうせ混んでてタイムは出ないのだから、課題練習!課題練習!と休み時間中に落ち着きを取り戻して、さぁ!頑張るぞ!!と思っていたら、走行開始直前の枠で2ヘアにオイルが出ました。(またかよ!)テンションをなるべく落とさないよう集中力を維持しつつコースイン。
 しかし!散々でした、、、。
 全然乗れていません!オイルのせいで相当アウトからアプローチせざるを得ない2ヘアの影響を差し引いても論外のタイム。まぁ、ラップタイムは度外視しても、それ以外の区間も思ったように走れません。旋回中のタイヤの接地感が薄く、物凄く不安定な状態。最終侵入なんかも何だか怖くて全然以前の走りが出来ませんでした。
 結局辛うじて10秒切るレベルで走行終了。一緒に走っていたワイルドピッチさんのタイムから考えても酷すぎ、、、。(どうしちゃったんだ!?一体??)と訳も判らない不調で相当落ち込みました、、、。
調子の乗らない私を容赦なくパスするWP氏。ついていこうと頑張るも、次々と抜かれて、全然ダメ!!

<後日談> この悪夢のようなA3枠の動画は全然チェックしていなかったのですが、改めて確認してみると、いつもは2速でコースインしているのに、この時は3速でコースインしてました!以降、ずっと+1速で走っていた訳です、、、。な~んだ!!いつも、裏直でシフトミスした時はタコメーター等で探りを入れるのですが、よもやシフトが違っているとは思ってもいませんでした。裏直でのシフトアップポイントが遅めなのは2ヘアの石灰のせいだと思っていたし、、、。まぁ、原因が判って良かったです!が、貴重な練習枠を一本無駄にした、、、。

走行終了後、ワイルドピッチさん、motoさんとモナークに行って食事しました。
 エビフライと海鮮コロッケ。本当にレパートリーの多い店だなぁ、、、。

12・13日に撮影した写真はココです。

ディアブロスーパーコルサ(SC2)走行積算時間:3時間15分




2 件のコメント:

yma さんのコメント...

あはは!同じミスしてる(笑)
自分も12日のB3、+1速で間違えて走ってました。
以前も何回か同じミスしたので経験的には+1速の場合、2秒落ちぐらいのタイムになるかと思います。

また意識的に+1速で走るとコーナリング速度向上の練習にはなるので、無駄じゃないと思うかな.....!?
それに、本番で失敗こかなかった分、儲けものだと思いましょう!

しにちなかお さんのコメント...

ymaさん、
やってしまいました!アハハ!!
5速で突っ込む最終は物凄く怖かったです。お陰で4速なら安心できるようになりました。

失敗談もこれだけだったら可愛い物ですが、まだまだ続きがあるんですよ、、、。20日の記事を見てください。