2009年6月10日水曜日

筑波2000練習(CBR600RR)

 TT強化月間、という事で休みを取って筑波に練習に行きました。

 というのも、先日、猛烈に悩んだ挙句、月末に開催される筑波TT・NMクラスへのエントリーをしてしまったのです。今のベストタイムでは勝負にならない所か恥ずかしい結果に終わってしまいそうです。なので、本番(27日(土))までに猛練習をすることにしました。

 入梅直前の不安定な天気。予報では雨は降らないといっていたのに、谷和原ICを降りたあたりで霧雨がパラつく始末。「え~!?」と思いつつも筑波についていたら雨は降っていなくて、結局一日降りませんでした。ワイルドピッチさん、ko-kiさん、ONDさん達が既に到着していました。
 今日はA2、A3の二本を走行予定です。A1をパスしたのはスプロケ交換が必要だからで、作業時間+タイヤ暖め時間を考えると8時走行開始は難しそうだったからです。なのに!前日早寝出来なかった事もあるのですが、朝出遅れてしまい、着いたら結局走行1時間前、、、。大急ぎでスプロケ交換し、ウォーマーを掛け、走行券を買いに行って、何とか走行開始には間に合いました、、、。
 今日からディアブロスーパーコルサ(SC2)です。空気圧は冷間1.80に前後とも調整しました。サス設定は筑波向けでHRC標準セット。曇ってはいても湿度が高く、準備作業で大分汗ばんでしまいました、、、。

◇一本目:A2(9:30-10:00)
 久しぶりの筑波+ニュータイヤに少々緊張しながらも、心と体は先週末のファイヤーガレージで暖まっていてガンガン行けそうな気がしていたので割と気楽に走行開始。タイヤの皮むきをしつつ、感触を確かめていきます。
 開始して数周して、いきなり前に詰まってしまいました。タイヤにも慣れていなかったのでガムシャラに抜くことはせずピットスルー。で、抜けたらダンゴに引っ掛かってしまって、またピットスルー、、、。で、走行再開するのですがイマイチ詰まり気味で全開で走りきれない状況。今日は最終の突込みを強化したかったのですが、前の人に合わせてブレーキを多めに掛けてるような状況。(これはハズレ枠を引いちゃったかな?)と思いつつも、タイムを見ると9秒台に突入してました。どうやらインフィールドが速く走れているみたいです。
 全周を通してのタイムアタックがしづらい状況だったので、タイヤの慣熟に焦点を移しました。私は03CBRの時代からずっとドラゴンスーパーコルサの人だったので、違う銘柄のタイヤにトライするのは久しぶり。そこで、新しい相棒ディアブロさんと会話をしながら走行を続けました。
 グリップが高く、寝かしても安定している事は走り出した直後から感じ取れました。徐々にペースを上げていくと他にも色々な事が判ってきて、、、
・最終前半でバイクが寝る。
 これが一番の驚き。ドラゴンを履いている頃、特に09に乗り換えてから顕著だったのですが、最終侵入で頑張って突っ込むと全然バイクがバンクしませんでした。奥に進んでバイクが失速するとようやく膝が摺れる、といった状況。それがディアブロだと進入からしっかりバイクが寝ます。だからといって極端に失速もしません。(タイヤのプロファイルのせい?)迂闊にガツンと寝かしこもうものなら、とても危険な事になりそう、、、。コントロールが必要です。
・コーナー立ち上がりでアクセルを開けやすい。
 特に意識して開けまくった訳でも無いのに、インフィールドのコーナー立ち上がり、徐々にスロットルを開けていく状況において、(あれ?もう全開??)という事が多々ありました。しかも、滑っちゃうような恐怖感無し。おかげでインフィールドの直線スピードが伸びました。
・ブレーキを掛けない緩いカーブ(S字、2ヘア前)でも体を入れると割と曲がる。
 まだ感触を掴みきれていないのですが、S字の全開時間とかを改善出来そう。

 総じて、「能力がとても高いが、ライダーはその分デリケートに操作しないといけないタイヤ」なのかな?といった印象。

 上記の慣熟の最中に1'09"08が出ていて、簡単にベストは更新できたみたい。で、その後も試行錯誤しつつ走っていたある周、

 最終立ち上がりで前方にバイクが居たので真っ直ぐ立ち上がれず、イン側にラインを換えたのに出たタイムがいきなりの7秒台。

 「な、な、ななびょうだい!?!?」

 計画では一日練習して8秒が見れれば十分と思っていたので予定外のハプニングにビックリ、、、。で、その後の3周連続して8秒台をラップして一本目終了。

 パドックに戻って、7秒でたよ~ん、とか話をしていたら、ko-kiさん曰く「これはもう、B2を走るしかない!ほら、丁度そこで券を売っているよ?」よくよく見ると確かにB2チケットを譲りたがっている人が居るみたいです、、、。ワイルドピッチさんやONDさんも「走ろう!走ろう!B枠!!」と疲れきった僕をまくし立てる始末、、、。
 (何を言っているんだ?この人たちは!!僕がそんな軽はずみな事をする訳が無いじゃないか!!)と思いつつも気付けば車の中の財布を取りにいってました。(でも、15秒くらいは悩んだ。)

◇二本目:B2(10:30-11:00)
 B2を走る事を決意してから走行開始までの時間は短く、準備におおわらわ。それでも一通り準備は整って、突然のB枠デビュー決行の時が来ました!!

 ワイルドピッチさんは「これで、追走動画が撮れますね!」などと嬉しい事を言っていたのに、、、

 アウトラップ2ヘアで早々に僕をパスしてしまい、その後、僕は1コーナーでブレーキミス、、、、。

 ko-kiさんは「僕に付いてこれば大丈夫!!」と頼もしい事を言っていたのに、、、

 裏ストレートで猛烈な勢いで抜かされました。ついていけね~。

 予想してはいましたが、B枠は恐ろしいところです。でも、これで終わりにするわけにはいきません。めげないで集中してラップを重ねて、バラバラだったパーツをかき集めて完成度を高めて、、、

 はい、またベスト更新です。1'07"39。これまでのベストが1'09"39(5/16)だったので、今日一日でジャスト2秒短縮した事になります!

 その後も走り続けたのですが、疲れてきたのか細かいミスが目立ち始めたので、カリカリ全開アタックは止めにして練習走行を続けました。で、残り5分くらいで走行を終了し、パドックに戻ってノートPCを立ち上げて、天気予報も確認の上、12日の当月予約を済ませました。我ながらよくやるわ、、、。 

◇三本目:A3(11:00-11:30)
 当初予約していた枠が、突然走る事になったB2の直後にやってきました。結構、疲れてました。ガソリンの残りも25分は持たない量。でも、枠を放棄するのは勿体無かったので、PCで予約したり、水分補給をして休憩した後、遅れてコースインしました。タイムアタックはもう十分です。練習走行開始です。現時点で一番問題なのは1コーナー侵入です。ファイヤーガレージで気付かされてはいたのですが、シフトダウン×2がとても下手です。試しにブリッピング無しのクラッチのみシフトダウン(註:CBR600RRにスリッパークラッチはついてません、、、。)をしてみたのですが、練習すれば何とかなりそうな雰囲気。
 クリアラップは不要だったのでピットスルーすることも無く走り続けたのですが、何か、朝一走り始めの頃と比べると(自分で言うのも変ですが)別人のようでした。ラインの自由度や周りへの注意等に相当余裕が出来ました。タイヤの頑張りが本当に凄い。終盤間際になってクリアラップが取れそうな雰囲気。一発勝負で頑張って出したタイムが1'07"86。狙えば7秒台が出ることを確認して(+ダンゴに追いついちゃったので)走行終了。あ~疲れた、、、。

◇走行終了後
 ワイルドピッチさんとモナークに行って食事。あとD'sやホームジョイ本田に寄り道しつつ帰路につきました。
 (あ~、出ちゃったよ7秒台、、、)とか物思いに耽りながら車を運転していたら、常磐道の方向を間違えました。しかも気付いたのが桜土浦、、、。

ディアブロスーパーコルサ(SC2)積算走行時間:1時間15分

5 件のコメント:

愚者 さんのコメント...

「これで、追走動画が撮れますね!」

WP軍内乱w

VFR王子 さんのコメント...

7秒スゲー!!!
ディアブロスゲー!!
しにちなかおさんスゲー!!
モナークの料理美味そうー!!!

ko-ki さんのコメント...

お疲れさまでしたー!
7秒台おめでとうございます。
次回もきっちり引っ張りますよ。w

アンド_k0 さんのコメント...

ベスト更新おめでとうございます。

一気に2秒更新とは素晴らしいです!!!
もうB枠に行ってしまわれたんですね(泣)

自分も練習してB枠行けるようにがんばります!

明日の筑波でお会いしましょう!!

しにちなかお さんのコメント...

愚者さん、
いいんです。最近は少しは写るようになったから。

VFR王子さま、
素晴らしいタイヤに出会えました!!

ko-kiさん、
次回はもう少し優しく引っ張ってください!

アンド_k0さん、
焦らずに頑張れば何とかなると思います。