2008年11月30日日曜日

筑波 MAXを見てきた。

 MCFAJ主催のロードレース(MAXもその中の一イベント)を観に筑波に行ってきました。というのも、イベント自体に興味があったのと、BroccobirdさんがMONSTER S4でレースに出る(もう、大分前のことに思えるけど、SLYの6耐も11月のイベントだったから、月に2回もレースに出ている訳です。すげぇ。)という話を聞いていたからです。タイムテーブルを見れば判るのですが、当日は本当に沢山のクラスのレースが分刻みで詰まっていて、パドックも満員御礼状態。MCFAJのレースはカテゴリ分けが独特で、ハーレーが居たり、古~~いロードレーサーが居たり、サイドカーも居たり(後述)していて、お祭り状態。
 会場にいた出場ライダーではBroccobirdさん以外にHOLYさんも居て、ヘルパーとしてIZUさん、松千代さん、チャーリーさん、ぎんさんもいました。そんな中で私は写真を撮ったり、たこ焼きを食べたり、ほんのチョットだけヘルプのような事もしたりして過ごしていました。
  あ~、欲しいな~、タイヤウォーマー、、、。
  Broccobirdさん、1コーナー疾走中。(MAX10クラス)マシンの準備が間に合った(?)のは良かったですね。
  HOLYさん、1コーナー疾走中。(MAX7クラス)
 で、生まれて初めて、サイドカーのレースも観れました。想像を絶する世界でした。パッセンジャーが適宜乗り位置を変えて重心をコントロールしつつ走る訳ですが、「クッ、クレイジー!」(バリバリ伝説風)でした。トップチームは1分7秒台で周回していたみたいなのですが、乗車位置が地面スレスレなので、とんでもない体感速度だと思います、、、。
 パッセンジャーの乗り方は幾つかスタイルが有るみたいだったのですが、特徴的なものを挙げると、、
  左1ヘア旋回中。重心移動の効率という点ではベストなのでしょうが、肉体に掛かる負荷もベストだと思います、、、。後で写真を見て気付いたのですが、何人かの人は尻にスライダーを着けていました。膝摺りならぬ、ケツ摺り、、、、。
  右最終コーナー旋回中。(ちなみに、このペアが優勝。)頭が逆さの状態で、かつ、進路が全く見えないこの姿勢は、常人にとっては苦痛というか拷問に近い気が、、、、。
  最大の疑問は、「この人たちは一体どこで練習しているのだろう、、、???」

  帰り際に、駐車場から撮った筑波山。茨城県南部って本当に平らだから、離れていてもこんなにクッキリ。

写真はココにUpしてあります。

2 件のコメント:

Broccobird さんのコメント...

お疲れさまでした〜。いつも撮影ありがとうございます。早速自分のBlogに使わせて頂きました。
タイヤウォーマーは速くなるためというよりは、転ばないための装備。余計な出費を避けるために、先行投資するのがいいと思いますよ。発電機はキャンプ等にも使えますしね。・・・とかいって、キャンプの予定なんて全くないんですけど(笑)。
しにちさんもそのうちスプリントデビューしましょうね!

しにちなかお さんのコメント...

お疲れ様です。
超特急のマシン調達~セット~レースで驚きでした。鮮やか!!
タイヤウォーマーはやっぱり必要なのかな?と思い始めています。私もキャンプの予定はないので災害対策用に発電機を買いましょうか、、、。