2009年3月28日土曜日

【Upし忘れた記事】 バイクを買いました。

    2月下旬。納車。
   これだけのスプレー(と時間)を消費して、、、、。
  出来上がり!!かっこい~!!!

 CBR600RR 2009年型 レースベース車(ハルク・プロ コンプリート) に乗り換えです。

 そもそも乗り換えを意識し始めたのが昨年夏ごろ。キッカケが何だったかはよく覚えていないけど、動機は何か新しい刺激が欲しかったから。(間違えても03CBRの性能に限界を感じたからではないです。ちなみに塾長が僕のCBRで26.83を出したのは、乗り換える決心が付きかけた頃。正直動揺しました、、、。)一生のうちで乗れるバイクの台数(と時間)って限りがあるので、どうせだったら色々経験した方が良いかな?と思った訳です。趣味なんだし。
 乗り換え候補は「これまでにCBRで積んだ経験の延長線上にあるマシン」。なので大排気量SSがターゲットになります。1000ccは早々に候補から外れました。というのも、自分の場合、寝かすの大好き!が本性?のようで重たいバイクだと転倒リスクがチラついて楽しめないような気がしたから。唯一、軽さを意識した新型のCBR1000RRは気にはなっていたのですが、値段が軽くなかったので却下。すると候補は600ccに絞られます。R6とは相性が悪い気がしました。6Rは試乗した事もあるけど縁を感じませんでした。GSXRも悪く無い選択だとは思いましたが決め手がありませんでした。となると残りはCBRで実際CBRを選択した訳ですが別に排他的選択といった感じではないです。初期型~最新型の進歩を一気に体験できる事(ちなみにこの頃09CBRの仕様は公開前。2年の周期で大々的にフルモデルチェンジする物と思っていた。)は魅力的でしたし、身の回りにCBR600RR → CBR600RR乗換えをした人が何人も居たので有り得ない選択だとは思いませんでした。
 秋頃になって2009年型の仕様がWeb上で発表になりました。目玉の新トピックはABSで残りは2008年型と余り変わっていないみたい。正直、少々ガッカリしました。CBR1000RRの一年遅れでスリッパークラッチは付くと思っていたのに、、、。まぁ、WSS、全日本ST600とタイトル総なめモデルを大々的にモデルチェンジする必要って(この景気の悪いご時勢に)無いですよね。2010年型を待つか?とも一瞬思いましたが、乗りたいときに乗っておかないと後悔する様な気がしたので計画は変更せず。
 乗り換えが決まった時点で、タイヤ・ブレーキ等の消耗品を除いて03CBRに対する投資の凍結をしました。本当はタンクカバーやシートカウルの調達も考えていたのですが、勿体無いので中止です。
 車種がCBR600RRに決まっても未だ選択肢は残っています。公道走行は出来なくて良いので、この時点で公道モデルは候補から外れます。(ホンダの場合、かえって高くつく。)レーサーベースを選択するとして、ホンダからベースマシンを購入するか、ショップ製のコンプリートモデルを選択するかの2択に迫られます。少々悩みました。安く上げるならば、ベースマシン+最小限のパーツ(カウル・マフラー・ステップetc.)がベストです。しかしながら、後々TT等のレースに出場するかもしれないとして、他のパーツ(キャッチタンク・大容量ラジエタetc.)を後付けすることを考えると、初期投資が高くついても最初からコンプリートモデルを準備した方が(ザックリ10万ほど)安くなります。あと、パーツを自分で揃える事を考えた場合、2009年型対応のパーツが揃うまでに時間が掛かって走り出しが大きく遅れるリスクがあります。一応モデルチェンジした事になっているので2008年型のパーツが使えない可能性もあります。(この問題は多分杞憂だった。使えないパーツはスライダーぐらい??)なので、コンプリートモデルを選択しました。正直、(今でも少し)レーサーベースモデルの敷居の高さは気になりました。特にサスを巧く使いこなせる自信がありません、、、。しかし、フニャフニャサスで乗り出しとところで、いつかはぶつかる壁だし、少々はセッティングで緩和できるだろう、と考えました。(本当に大丈夫なのかな、、、?
 12月になって、2009年コンプリートモデルの受注が始まりました。レーサーベースは基本的に受注生産なので12月中に正式に発注をする必要が有ります。モトバムか?ハルク・プロか?最後の2択です。メールでハルク・プロに問い合わせを開始。調査の結果、ハルク・プロを選択しました。理由は、1:モトバムだとワイルドピッチさんマシン(08)とかぶる!2:こだわり仕様(サイドスタンド、正チェンジ)が選択可能。3:何せ素性が良い!(全日本チャンプ!!)の3点。オイルエレメントの交換のためにエキパイを外さなければいけないのがイマイチと思いましたが、どうやらレース管だと避けられない問題みたいなので、これはガマン、、、。
 その他細々した問題もクリアになったので、12月の中旬に正式に発注しました。最後まで購入するか否かは???だったので、実は乗り換えプラン決定を誰にも告げていませんでした。この時点で、梨塾デビューまで乗り換えプランを内緒にする事を決意。乗り出しまで時間が掛かる事は必至でその間に白けちゃいますからね。
 2009年もレーサーベースで走り続ける事が決まったので、タイヤウォーマーは買ってしまいました。12月の梨塾は(いつもそうだけど)絶対に転ばない事を心に誓い、CBRで参加(年間タイトルも掛かっていたので、、、)。1月は寒くて転倒リスク大なので代わりにDR-Zで出場。2月は欠場(見学)。その裏でセッセとニューマシンの準備を進めて(実質、殆ど塗装時間)、3月デビューとなったわけです。
 (CBR600RRレーサーベースに関して相談に乗ってくれたワイルドピッチさん、不覚にも慣らし運転で出くわしてしまった愚者さん、Aをねらえさん、その他の皆様、機密保持に協力頂けた事を感謝します。)

7 件のコメント:

しん さんのコメント...

すげえー塗装!
スプレー缶だけでここまで出来るんですね~。塗装経過の記事が読みたいです!
作業的にはカラースプレーの後にウレタンクリアーというものを吹き付けてるだけなんでしょうか?

ハマ さんのコメント...

よくここまで隠せましたねw

しにちなかお さんのコメント...

しんさん、
塗装ネタ書きました。超絶的なテクが無くても根気で何とかなります。

しにちなかお さんのコメント...

ハマさん、
途中、何度も挫けそうになりました、、、。

岡本将人 さんのコメント...

いきなり失礼します。サイドスタンド取り付け可能なカウルはハルクプロさんに注文したら購入出来ますか?

Shinichi NAKAO さんのコメント...

ハルクプロのFRPカウルは最初からサイドスタンドのえぐれが有るのでサイドスタンド装着可能でした。今のモデルはよくわからないので、直接確認した方が良いかもしれません。

岡本将人 さんのコメント...

御回答ありがとうございました!