2009年3月1日日曜日

皇居を走ってきた。

(ここまでのあらすじ)
 増加の一途をたどる体重に焦りを覚えた2008年夏(MAX75kg)「これは、いかん!」と思い、かといってスポーツジムに通う気も無かったので自宅で腹筋等の筋トレを始めるもイマイチ手ごたえが無くて、面白くなくて、「コレはもう、走るしかない!」と仕事後の夜のジョギングを始めたのが11月中旬。iPODでタイムを測り始めたらトレーニングが急に面白くなりだして、「何か目標があったほうが絶対楽しい!」との判断から梨塾マラソンズでの荒川マラソンにエントリーしちゃえ、と11月末にはマラソン挑戦を安易に決めてしまったのでした。
 コツコツ練習を続けるも、寝正月の罠や風邪を引く等のトラップに引っ掛かりつつ、気付けば大会一ヶ月前。10kmジョギング位ならば難無くこなせるようになってはいたものの、フルマラソンを完走するためには本番前に20km走は経験しておく必要が有ります。そこで、先ず自主トレにて15kmランを実行し、折りよくVANさんが主催した練習会にて20km走にチャレンジする事にしたのでした。
・・・・・・

 といった経緯で迎えた練習当日。参加者は私とVANさんの2人だけ。これまでの練習が夜の住宅街オンリーだったので昼間の皇居で他のランナーと混じりながら走る事に少々緊張。でも、本番のシミュレーションにはもってこい!?ところが!予報では天気は曇りだったのに朝から小雨が降っている始末。コレがバイクだったら即キャンセルなのですが、ジョギングならば転倒のリスクは小さいので何とかなるかな?と思いつつも、ここで風邪を引くと最悪なので、さて、どうしたものか?と悩みつつも、VANさんと話していたら雨は小降りになってきたので予定通り走る事を決意。
  雨振る有楽町ガード下。何か味があって良い雰囲気。でも、ここは平日夜に来るとこですね。
  皇居から望む丸の内ビル群。ワリと壮観。

 皇居の周りを1周すると5kmあります。なので4周すれば目標の20km達成です。VANさんに教えてもらったストレッチを済ませて、イザ走行開始。
◇ 1Lap目
 昨今のジョギングブーム?を知らない人が見たら、何か大会でもやっているに違いないと勘違いしちゃうほどの大群衆が走ってます。休日のトミンみたい。老若男女・速い人遅い人ごちゃ混ぜ状態。いつも暗い中を独りで練習している自分にとっては場違いな印象。
 何だかな~と思いつつも桜田門前広場から走行開始。まずはVANさんと一緒に走り出しました。コース上には割とペースの遅い人も多かったりして中々自分のペースに乗れません。これも休日のトミンみたい、、、。
 iPODのペース表示を見ながら慣れたペース(5'30''/km前後)に合わせるも、全然シックリ来ません。ていうか、少々辛いです。何故?普段と違う装備が裏目に出たみたいです。まず、途中で給水・給食が取れるようにヘルシアウォーターとゼリー飲料をウェストバックに入れて走ったのですが、これが揺れて無茶苦茶邪魔、、、。(普段は手ぶらで走ります。)バッグを袈裟懸けにしたら多少は紛れた物の重たくてイヤになります、、、。あと、昼間にあわせて薄着で来たつもりなのに、走ってみると無茶苦茶暑い、、、。走る続けるのも困難な状態で、こんなので本当に20kmも走れるのかよ!?と不安になりつつも、VANさんには先に行ってもらって、何度も歩いて調子を整えつつ何とか1Lap終了。タイムは確か33分くらい。(ちなみに5km自己ベストは27分弱。)
◇ 2Lap目
 桜田門広場でたまらずピットイン。ここにはベンチがあるので邪魔な荷物を全部置いていく事に。少々水分補給して走行再開!ここで諦める訳には行きません。
 身軽になって、大分楽に走れるようになりました。普段のペースで流せます。結局2Lap目が一番スムースに走れて、途中歩いたりする事無く再び桜田門前に戻って来れました。この時点(10km)で1時間。
◇ 3Lap目
 ベンチに置いておいたヘルシアウォーターをガブリと飲んで直ぐに走行再開。2Lap目と同じペースで走れるかどうかは微妙だったのですが、4Lap目の余力の事も考えて、上り坂では少々歩いたりしてペースを落として走行。途中、既に3Lapを終え、逆周りの4Lap目に入っていたVANさんとすれ違う。で、いつもと違って余力を残した状態で3Lap(15km)終了。タイムは1時間30分。
◇ 4Lap目
 ここから先は未知の領域。とりあえずピットインして栄養補給。これまでは立ったままで水分補給してきたのに対して、今回はどっしりとベンチに腰を下ろして休憩タイム。ゼリー飲料(ヴァームのクイックなんとか)+ヘルシアウォーターで補給。「よし、まだ行ける!」と腹を括りつつ、軽く屈伸をしてみると、既に膝がガクガクいってました。何だかんだで結構疲労しているみたいです。大丈夫かな?と思っているとVANさんと再会。4Lap目は一緒に走る事にしました。
 で、走行再開。もう、ペースとかは度外視でとにかく残り5km走りきる事のみが狙いです。すると、やんわり走っていたつもりなのに1km位走ったあたりでピキッと左脚ふくらはぎが攣りかけました。これは、ヤバイ。歩いて調子を整えて、何とか走行再開するものの、今度は右脚ふくらはぎが攣りかけました。え~~!?
 そもそも、自分のふくらはぎが攣りやすい事は百も承知だったので(バイクで走った後も時々攣る。)、正月にロングタイプのCW-Xを買って、ふくらはぎもガッチリホールドできるような状態は準備していたのです。事実自主トレの15kmランではノートラブルでした。未知の距離領域に突入して、未知の体験をする羽目になってしまいました。もう少し、マメに水分補給をしないといけないのでしょう。
 ここで酷い肉離れなどを起こそうものなら2週間後のマラソンは絶望的になるので、いっそリタイアすべき?とも考えましたが、それよりも20km走りきる事を経験する事の方が重要だろうと考えて継続を決意。(本番までに再チャレンジのチャンスはもう無い。)しかしながら症状は相変わらずで500mくらい走ると右脚がピキッと攣りかけます。極力リラックスしたりして工夫もしてみたのですが全然ダメ。結構、精神的に辛い状況です。呼吸は全然乱れていなくてスタミナも十分残っているのに、脚が言う事を聞きません、、、。ヨレヨレになりながらも何とか1周して、はい、20km走完了です。
  タイムは2時間10分。最後の1Lapで40分も掛かってしまいました。

 その後、VANさんからマラソンの役に立つ事を色々と教えてもらって(もっと、早く聞いておくべきだった、、、。)、Coco'sじゃなくって、中華料理屋にてトウショウ麺を食して、練習会はおしまい。あー疲れた。
 まぁ、満足の行く結果ではないですが、本番に向けての装備の条件だしとか問題点が明らかになったので有意義!

ちなみに今の体重は69kg。意外と何とかなるものです。

2 件のコメント:

van さんのコメント...

先日はお疲れ様でした。
体重も絞れていい感じですね。
ちなみにカーボローディングが上手く行くと直前3日くらいで多ければ2kg体重が増えます。
イキナリ体重が増えてもビックリしないで下さい。
コレは炭水化物が水分を抱え込む為で実際の内訳はカーボ(グリコーゲン)おおよそ1/3、水分2/3によるものです。
水分を体が蓄えられてればケイレン対策にもなります。
レース中の給水は小まめにチョットずつですよ。

しにちなかお さんのコメント...

vanさん、
お疲れ様でした。20km走はさすがに厳しかったです。あの後、しばらく脚の調子が戻りませんでした。あと1週間チョイ、気をつけて調整します。あと、色々教えてくれてありがとうございました。為になりました。